集合住宅

初めての一人暮らし|アパートとマンションそれぞれの良さ

経年数や利便性で決まる

間取り図

浜松で一人暮らしを始める人が最初に迷うのは、アパートを借りるかマンションを借りるかということだと思います。初めての一人暮らしでは勝手もわからず、家具や食器などなにかと費用もかかるものです。また、費用だけを重視して、あまりにも安いところでは、防犯面や利便性も心配になります。浜松のアパートとマンションそれぞれの特徴を比べ、快適な一人暮らしを始めましょう。そもそも、アパートとマンションの違いというのは、その造りにあります。浜松のアパートの階数は2階までで、造りは木や鉄骨であることが多いです。一方マンションは、階数に制限がなく木造ではありません。浜松では一般的にマンションは地味で家賃も安く、アパートはきれいで家賃が高いという印象を持たれていますが、一概にそうとは言えません。家賃の高さはアパートかマンションかにはよらず、その建物が築何年かということや、交通の便、周りにスーパーやコンビニが多いかなどによって変わります。では、造り以外でのそれぞれの特徴について見ていきます。マンションは設備が充実していて、防犯もしっかりしています。構造も強く作られているので、火事や地震にも強いです。また、壁も厚みがあり、近所の音も気になりません。家賃が高い印象がありますが、最近では敷金や礼金がかからないところも浜松では増えています。次にアパートですが、周囲の環境が便利な場所に安く住めるというメリットがあります。また、土地が安いところでは駐車場も安くついていることが多いです。周囲の音が気になるという人は、戸建てのアパートやコンクリート造りのものを選びましょう。

階数ごとの違い

マンション

品川区の賃貸マンションでは、階数によって家賃に違いがでます。眺めのよさや日当たりで主に変わりますが、それぞれ違った良さや注意点があります。荷物の運び安さや、エレベーターの混雑についても考えましょう。

詳細を確認する

相談して決める

男性

昭和区で住みたい物件の条件をしっかりと決めて、不動産会社に行きましょう。譲れない条件を伝えて、ぴったりの部屋を探します。見取り図などを見て良いところが見つかったら下見に行きましょう。

詳細を確認する

間取りの決め方

部屋

清澄白河の賃貸にはいろいろな間取りの部屋がありますが、人によって適したものが異なります。料理をしたい人はキッチンの広さを重視したり、兄弟だけで住む人は部屋数を考えたりして、生活環境に合わせて賃貸物件を探しましょう。

詳細を確認する